大阪 天満橋 相続放棄おまかせネット 運営事務所 シャイン司法書士法人|行政書士事務所
  • → サイトマップ 
  • → 事務所案内 | 
  • → HOME | 

シャイン司法書士法人|行政書士事務所

京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩1分 電話相談無料 ご相談専門ダイヤル 0120-114-886 土日祝対応 電話受付時間9:00~21:00

相続放棄と相続する順番 「誰が相続人となるのか」ということをしっかり把握する必要があります

相続放棄を考えるときには、まず「誰が相続人となるのか」ということをしっかり把握する必要があります。借金を残して親や親族が亡くなった場合でも、自分がその借金を背負うことになる「相続人」でないのであれば、当然相続放棄を行う必要はないのです。
よって、相続放棄手続きを検討する場合、大前提として自分は相続人なのか、そして相続人は誰なのか、ということが非常に重要となりますので、相続人を正確に把握する必要があります。
また、ある相続人が相続放棄をすると、場合によっては本来は相続人ではなかった別の親族が相続人になってしまうケースもありますので十分な注意が必要です。

いずれにしても、相続が発生した早い段階から、相続人の確認、相続財産の調査を行い、相続してもよいのかどうか判断できる状態を作っていくことが重要です。

借金問題のことなら過払い・債務整理相談所にお気軽にお問い合わせ下さい。無料個別相談実施中!電話番号は0120-114-886 メールはこちらから