相続放棄おまかせネット|シャイン司法書士法人・行政書士事務所(大阪・京都)
  • サイトマップサイトマップ
  • お問い合わせお問い合わせ
  • 事務所案内事務所案内

シャイン司法書士事務所

京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩1分 電話相談無料 ご相談専門ダイヤル 0120-717-234 土日祝対応 電話受付時間9:00~21:00

え?そうなの?相続日記

家族信託と遺言信託の違い

2019年2月5日

こんにちは、司法書士 西川 です。

今回は遺言に替わってする「家族信託」による自身亡き後の意志の実現です。
よく勘違いされるのが、信託銀行の「遺言信託」は、実は「信託」ではありません。
信託銀行の「遺言信託」とは、
簡単に言うと「遺言書」の保管等のサービスをパッケージにした商品の名前です。
「信託」という言葉が使われていますが、法律上の「信託」とは全く別物です。

では遺言と遺言に替わってする信託の違いはなんでしょうか。
一番の違いは、確実性と柔軟性です。
遺言の場合、たとえ生前に遺言を作成しても、
遺言内容について相続人全員が不満ということになれば
遺言に書かれた内容を実行せずに撤回することができます。

一方、信託は委託者の意思を確実に内容を実行することができます。
また遺言の場合、二次相続(相続人が死亡)以降の承継先をきめることができませんが、
信託の場合、二次相続以降の承継先も決めることができますので、
例えば、離婚していて前妻に子供がおり、
財産の全てを現在の妻に相続させて、その後、妻が亡くなったら、
残った財産を前妻との子に相続させたい場合や子供がいない夫婦に有効です。

このように今まで遺言という手段では実現できなかった内容も、
「家族信託」を活用すれば実現可能なこともありますのでぜひご相談ください。

なお、家族信託についてさらに詳しく知りたいという方は、
当事務所が運営する「家族信託相談ひろば」をご覧ください。

シャイン司法書士法人

シャイン司法書士法人お問い合わせ

相続放棄に関するお問い合わせは

電話0120-717-2340120-717-234

土日祝も対応 9:00 ~ 20:00
※メールは24時間受け付けております。

大阪本店は、2017年10月23日(月)に下記住所へ移転しました。

【大阪本店】〒540-6591 大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル12階

【京都支店】〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町234番地
MJP KARASUMA BLDS 3F

メールでのお問い合わせはこちら