相続放棄おまかせネット|シャイン司法書士法人・行政書士事務所(大阪・京都)
  • サイトマップサイトマップ
  • お問い合わせお問い合わせ
  • 事務所案内事務所案内

大阪・京都で相続放棄ならシャイン司法書士法人

京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩1分 電話相談無料 ご相談専門ダイヤル 0120-717-234 土日祝対応 電話受付時間9:00~21:00

え?そうなの?相続日記

相続の順番について

2020年6月10日

こんにちは、司法書士の杉本です。
今日は相続の順番についてです。

人が亡くなると相続が発生しますが、
どういう順番で誰が相続人になるかは
民法という法律でルールが定められています。

1 配偶者
配偶者は必ず相続人になります。
なお、離婚している場合は相続人になりません。

2 第1順位の相続人:子(直系卑属)
子がいれば第1順位の相続人になります。
離婚した前妻の子も相続人になります。
養子も相続人になります。
亡くなった人よりも先に子が亡くなっている場合は、
子の子(亡くなった人から見て孫)が相続人になります。

3 第2順位の相続人:父母(直系尊属)
第1順位の相続人がいない場合は、父母が相続人になります。
養父母も相続人になります。
亡くなった人が養子になっている場合は、
実の父母と養父母全員が相続人になります。

4 第3順位の相続人:兄弟姉妹(傍系血族)
第1順位、第2順位の相続人のいずれもいない場合は、
兄弟姉妹が相続人になります。
亡くなった人が養子になっている場合は、
養父母の子も兄弟姉妹として相続人になります。
亡くなった人よりも先に兄弟姉妹が亡くなっている場合は、
兄弟姉妹の子(亡くなった人から見て甥姪)が相続人になります。

相続の順番は以上のとおりです。
よくご相談頂くのは、
①離婚した配偶者の子は相続人になりますか?
→なります。
②養父母の子も兄弟姉妹として相続人になりますか?
→なります。
という点です。
そうなんだ?!とビックリされる方もいらっしゃいます。

相続の順番は基本的なことですが、
家族関係によっては複雑になることもありますので
(とくに離婚、再婚、養子縁組が多ければ多いほど複雑になります)
ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また相続の順番について当サイトでも解説していますので、
興味のある方は下記のページをご覧下さい。
→相続放棄と相続する順番

シャイン司法書士法人

シャイン司法書士法人お問い合わせ

相続放棄に関するお問い合わせは

電話0120-717-2340120-717-234

土日祝も対応 9:00 ~ 20:00
※メールは24時間受け付けております。

大阪本店は、2017年10月23日(月)に下記住所へ移転しました。

【大阪本店】〒540-6591 大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル12階

【京都支店】〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町234番地
MJP KARASUMA BLDS 3F

メールでのお問い合わせはこちら