相続放棄おまかせネット|シャイン司法書士法人・行政書士事務所(大阪・京都)
  • サイトマップサイトマップ
  • お問い合わせお問い合わせ
  • 事務所案内事務所案内

大阪・京都で相続放棄ならシャイン司法書士法人

京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩1分 電話相談無料 ご相談専門ダイヤル 0120-717-234 土日祝対応 電話受付時間9:00~21:00

え?そうなの?相続日記

相続に関する用語解説2

2021年4月12日
こんにちは、司法書士の杉本です。
今日も相続に関する用語をご紹介します。

1.直系尊属
自分から見てタテに、世代が上の血族のことです。
父母、祖父母、曾祖父母・・・などのことです。

2.直系卑属
自分から見てタテに、世代が下の血族のことです。
子、孫、ひ孫・・・などのことです。

3.傍系血族
自分の直系ではない血族のことです。
兄弟、甥姪、叔父叔母、従兄弟・・・などのことです。

4.遺留分
民法によって保障された最低限度の相続分のことです。 たとえば相続人が長男と二男だけの場合に、父が長男に全部相続させる旨の遺言を残していても、二男は遺留分として25%が保障されます。

5.遺留分侵害額請求
上のケースの場合、二男は長男に対し、自己の遺留分として相続財産の25%相当額を請求することができます。
なお、二男が遺留分侵害額を請求するか否かは自由ですので、もし請求しなければ、長男が100%取得することになります。


今日は以上です。
それではまた。

シャイン司法書士法人

シャイン司法書士法人お問い合わせ

相続放棄に関するお問い合わせは

電話0120-717-2340120-717-234

土日祝も対応 9:00 ~ 20:00
※メールは24時間受け付けております。

大阪本店は、2017年10月23日(月)に下記住所へ移転しました。

【大阪本店】〒540-6591 大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル12階

【京都支店】〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町234番地
MJP KARASUMA BLDS 3F

メールでのお問い合わせはこちら