大阪 天満橋 相続放棄おまかせネット 運営事務所 シャイン司法書士法人|行政書士事務所
  • → サイトマップ 
  • → 事務所案内 | 
  • → HOME | 

シャイン司法書士法人|行政書士事務所

京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩1分 電話相談無料 ご相談専門ダイヤル 0120-114-886 土日祝対応 電話受付時間9:00~21:00

uOɂ‚

遺言を残したほうが良いケース

2013年7月29日
こんにちは、司法書士 西川 です。
前回に続き遺言を残したほうが良いケースについてお話したいと思います。
 
前回お話したケースの他にも、
最近話題の婚外子がいる場合であったり、
家業を営んでいる方等が挙げられるのですが、
最近多くなってきているのが、
相続人中に事理弁識能力がない方
(例えば認知症のかたなど)がいらっしゃるというケースです。
 
このケースで遺言がない場合、
遺産分割協議は相続人全員でする必要があるため、
認知症の相続人には後見人等を選任し、協議をするのですが、
この手続きが時間と費用が余分にかかる上、
後見人が協議に参加するため、
みなさんの思うような協議ができない可能性がでてきます。
 
これは、最近相続人自体が高齢化してきているため問題となる事案です。
このような場合も遺言があれば協議する必要がないため、
ご自身の意思を反映させるのは勿論ですが、
残された相続人の立場からも遺言はあったほうがよいのです。
 
次回も遺言について続けたいと思います。
借金問題のことなら過払い・債務整理相談所にお気軽にお問い合わせ下さい。無料個別相談実施中!電話番号は0120-114-886 メールはこちらから