大阪 天満橋 相続放棄おまかせネット 運営事務所 シャイン司法書士|行政書士事務所
  • → サイトマップ 
  • → 事務所案内 | 
  • → HOME | 

シャイン司法書士事務所

京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩1分 電話相談無料 ご相談専門ダイヤル 0120-114-886 土日祝対応 電話受付時間9:00~21:00

3ヶ月後の相続放棄 原則的には、3ヶ月という期限を超えてしまうと相続放棄の申請は認められません。

相続放棄の申請は、相続が始まったことを知ってから3ヶ月以内に行わなければなりません。
つまり、ご両親やご親戚が亡くなったことを知った日から3ヶ月以内に相続財産の調査を終えて、相続するのか、それとも相続放棄するのか、という判断をしなければなりませんが、この3ヶ月を超えてしまった場合どうなるのでしょうか?

原則的には、この3ヶ月という期限を超えた相続放棄の申請は認められません。
そして、この3ヶ月という期間について、「相続放棄に関する法律を知らなかったので3ヶ月を過ぎてしまった」という言い分は認められないということを十分に肝に銘じなければなりません。
 
「相続放棄の手続き期限は3ヶ月以内」という期限を本当に知らなかったとしても、知っていたものとして扱われますので十分注意が必要です。

それでは、相続放棄が裁判所に認められなかった場合は一体どうなるのでしょうか。
相続放棄が認められない場合、原則どおり、相続財産をすべて相続人が相続するという結果になります。
相続財産には、預金や不動産、車・宝石等の動産などのプラスの財産だけではなく、
借金や家賃の滞納分、病院の治療費の未払金などの負債も含まれますので、
相続財産が負債や借金しかない場合は、何も得ることなく負債だけを相続する形となってしまい、
思わぬ借金を背負うこととなった相続人の方の今後の人生計画を大きく狂わせることになりかねません。
 
このページをご覧になっている方の中には、実際に3ヶ月の期間を超えた相続放棄をお考えで、
はたして相続放棄が認められるのかと不安に思ってらっしゃる方もおられると思います。
当事務所では、相続放棄に関する深い知識と、豊富な実務経験を活かして、
3ヶ月の期間を過ぎてしまった難しい相続放棄手続きにも積極的に取り組んでおります。


実際に、当事務所で手続きをさせて頂いた3ヶ月を経過した案件については、
ほとんどの場合、無事に相続放棄が認められておりますので、

「もう相続を知ってから3ヶ月経ってしまったので、諦めて借金を相続しよう・・・」と考えずに、まずは一度お気軽にご相談下さい。
 
借金問題のことなら過払い・債務整理相談所にお気軽にお問い合わせ下さい。無料個別相談実施中!電話番号は0120-114-886 メールはこちらから